最近、出版されたビジネス書に転職時の「顔採用」という記事がありました。顔採用というのは

「見た目が良い、美男・美女」ではなく「表情の良し悪し」のことのようです。

こわばった表情で面接するよりも、なごやかな表情で面接するほうが合格する確率は各段に上がるというものです。

ただ、面接の場では緊張してこわばった表情になりがちです。

「なごやかな雰囲気で話をしたい」という意識をもち、「私の話を聞いてほしい」

「あなたの話をもっと聞きたい」と考えれば表情がなごやかに豊かになると記載されていました。

日ごろから意識すれば面接の場で、なごやかになる可能性は上がると思います。

また、履歴書の写真も「なごやかに、明るい雰囲気」で撮るのと撮らないでは大きな違いになると思います。