先発品メーカーでトップは2億6590万円の参天製薬、2位=サノフィ(2億4460万円)、3位=武田薬品(2億4410万円)

4位=第一三共(2億0890万円)、5位=アステラス製薬(2億0780万円)、6位=中外製薬(2億0710万円)

7位=エーザイ(1億9460万円)、8位=ノボノルディスクファーマ(1億9340万円)、9位=ファイザー(1億8360万円)

後発品メーカーでは日医工が4億3800万円でトップでした。

長期収載品の売上ダウンで生産性が減少したメーカーや売上減少したがMRを減員して生産性をアップさせたメーカー、

専門領域で売上をUPさせ生産性を上昇させたメーカーなど、それぞれ現状が反映された結果でした。