2014年度世界医薬品別 売上がまとめられました。(米ドル、もしくは米ドル換算です)

製品         メーカー         薬効        売上(百万ドル)  前期比(%)

1 ヒュミラ        アッヴィ         抗リウマチ薬      12,543      18
2 ソバルディ   ギリアド・サイエンシズ   C型肝炎治療薬    10,283     7298
3 ランタス        サノフィ         インスリン製剤      8,419        11
4 マブテラ/リツキサン ロシュ         抗がん剤         7,540       -1
5 アバスチン       ロシュ         抗がん剤        7,012       3
6 アドエア    グラクソ・スミスクライン    喘息治療薬       6,964        -20
7 レミケード      ヤンセン         抗リウマチ薬      6,868        3
8 ハーセプチン     ロシュ           抗がん剤         6,857       3
9 エビリファイ     大塚製薬        統合失調症治療薬    6,182      14
10 ニューラスタ/    アムジェン        G-CSF製剤        5,755       -1
ニューポジェン

上位10製品の抗リウマチ薬と抗がん剤にC肝治療薬が、どーんと入ってきたイメージですね。

ブロックバスター(10億ドル以上)の薬効別は抗がん剤が20製品、抗HIV薬10製品、抗リウマチ薬9製品
多発性硬化症治療薬、インスリン製剤、喘息・COPD治療薬の各7製品となっています。

企業別の上位5社は、ヤンセン11製品、ファイザー、ロシュ、メルクが各10製品、
ノバルティス9製品になっています。

内資系企業は武田薬品とアステラスが各3製品、大塚と第一三共が各1製品と集計されています。

今後、薬剤の創薬・育薬できるメーカーが人材の増員を図りますので転職希望者の方々は
新製品の情報収集非常に重要になってきます。